水を通してイルカ・サーフィン・WATSUと出会い、その感動を多くの人とシェアすることを目標とし、実現するまでの物語
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「04998」というステッカー。

これは父島の市外局番ですが、この島に住むサーファーが板や車に貼っています。
2009_06190013.jpg

「Surfingという決してスポーツという枠に収まりきらないライフスタイルの独特かつ世界的に共通のルールとマナーを個人としてのサーファーが理解し、その土地に根付いたSurfing文化を尊敬する。
それが「04998」の真意」 なんだそうです。

いくつか心得があり、こんな事が書いてありました。

「波を愛する」人は自分と同じく「波を愛する」人を同じサーフコミュニティー「04998」の仲間として大切にする。

島の自然環境のおかげでSurfing出来る。その自然を敬い、大切にして守り続けるのがIsland Surferである。

他にもいろいろと人として、島民として、サーファーとして、自然を想う言葉が書いてありました。

このステッカーは、島唯一のサーフショップで買いました。
島民サーファーは殆どの人が貼っているそうです。


今思えば、サーフィンの世界にはいろんなチームや派閥があります。
僕もチームに入っていました。
でもサーフィンを純粋に楽しみ、他の人と感動を分かち合うのに、チームは壁になる事があります。
(チームで楽しかった事、学んだ事、多くの人と出会えた事もあるので、否定はしません。)

この島のステッカーはそういったチームの意識とは違い、サーファーとして人と人、人と自然がどう繋がるべきかを教えてくれる、素晴らしいものだと感じました。


なので、こんな感じで早速、板に貼ってます!
2009_06190012.jpg



早速明日休みなので、波乗り行ってきます!!

波がある事を祈る!!!



後そうそう、僕の兄貴の子供が昨日生まれました!
男の子です。

自分もオジサンです。
不思議な気持ちです。

まあなにより、子供もママも無事でよかった~!
おめでと~!
スポンサーサイト
森の喫茶店に行ってきました。
2009_06180002.jpg

喫茶店といっても、店内はなく、森にテーブルとイスが置いてあります。
屋根代わりに、パッションが覆いつくしています。
メニューはコーヒー、パッションジュース、マンゴージュース、島レモンのレモネードです。
2009_06180049.jpg

ここからは父島、兄島、弟島が見えます。
2009_06180047.jpg

ハンモックがあったので、横になってみました。
2009_06180056.jpg

気持ちいい!
目を閉じて耳を澄ますと、自然の音しか聞こえません。
2009_06180057.jpg

ふと目を開けてみると、木の間から光が射していました。
2009_06180059.jpg


最高でした。


帰り際、パッションを一つくれました。

また行きます!ありがと~!!

大袈裟なタイトルをつけてしまいましたが・・・


近所の人が、使っていないバイクを貸してくれました。まじありがたいっす!
2009_06100063.jpg

なのでせっかくなので、父島を一周してみました。
いろいろと寄り道しながら3時間位かけて、散策して来ました!

まずは、三日月山展望台(ウェザーステーション)という所で計画をねり、プランを考えました。
ウェザーステーションからは、島の西側が見渡せ、ザトウクジラのシーズンには、ここから見ることが出来ます。
2009_06100013.jpg

出発しまず向かった所はコぺぺ海岸。
ギルバート諸島出身の先住民コペペが利用したことからこの名が付いたらしい。
この写真を良く見ると、子供が遊んでいる手前に、タイヤの跡のようなものがあります。
2009_06100020.jpg

アップにすると、こんな感じ。
2009_06100018.jpg
実はこれ、カメが産卵の為上陸した時の足跡なんです。

この近くにはオカヤドカリもいました。至る所に彼はいました。
2009_06100016.jpg

ちょっと横をみると、こんな看板がありました。
よし行ってみよう!
2009_06100033.jpg
これが安易な考えでした。
道は昨日の雨でぬかるんでいる上、激しい上りと下りの連続。
さらに、靴ではなく、サンダル。(この島に来てからまだ靴は一度も履いていません。)
2009_06100026.jpg
息は切れ、足はパンパンになりました。

で、見えてきたのが小港海岸。
ここは以前にもサーフィンのポイントとして紹介した所です。
2009_06100028.jpg

引き返して次に向かった先は、森の喫茶店です。
2009_06100034.jpg
大自然の中、コーヒーを一杯のんで休憩しようと思っていたら、休みでした。
また今度行ってみます。

気を取り直して向かった先は初寝浦展望台。
ここの絶景にはやられました!
誰一人いない絶壁に腰をかけ、イチゴのパンを食べました。笑
2009_06100044.jpg

他にも、釣浜(下の写真)宮之浜にも行きました。
2009_06100061.jpg

この島にはまだまだ沢山の絶景ポイント、海岸があります。
そしてどこでも静かにのんびりと過ごす事が出来ます。
今日はそのほんの一部の所に遊びに行って来ました!


せっかくバイクを借りれたので、サーフボードのキャリアがほしい今日この頃です。
後、スケボーとジャンベ・コンゴ(太鼓)と水着、スイムタオル、携帯、友達。笑

欲しいものを言うときりがありませんが、ちょっとずつ、ゆっくり揃えていこうと思います!




ワッツとは一体なんなんだ~と素朴な疑問を感じた方は、是非「沖縄WATSUセンター」のサイトを覗いて見て下さい。

そして、癒されたい~と感じた方は是非一度思い切って「体験ワッツ」を受けてみて下さい。

僕は学校の講師だった小笠原先生(現在、沖縄WATSUセンター代表)と出会って、そしてWATSUと出会って、本当に沢山の感動と、人としての生き方、考え方など良い影響をいっぱい受けました。

そしてこの度、僕をWATSUセラピストとして、HPで紹介してくれました。

まだまだ道は遠いですが、今はまだやるべき事は他に沢山ありますが、その名に恥じないよう、父島でWATSUの素晴らしさを伝えて行こうと強く思っています。

父島の海に入ってると、ここでワッツ出来たら最高だわ~と妄想する事が多々あります。笑
まずは妄想から、着実に現実へと近づいて行きますよ~!!

夢はでっかく! 一歩一歩っすね!
今後の僕を長~い目で見ていて下さい!
2009_05220008.jpg

父島の人口1957人。

僕は1957分の1です。
凄く少ない人の数です。

そんな小さな島には沢山の野生の生き物が生きていて、命の大きなエネルギーで溢れています。


家を出て歩いて2分位の道路です。
2009_05220006.jpg

なんてことのない道と道路標識。
良く見てみると~、
2009_05220007.jpg

カメ注意!!
こんな標識なかなかありません。

父島ではカメが産卵の為夜に上陸するんですが、場所を間違ったカメは、ここの道路を通る事があるそうです。
産卵期はすでに始まっていて、8月いっぱいまで設置されるようです。
夜運転していて、カメがいたらビックリですね。


そうそう、庭で育てているピーマン、ナスはというと、順調に育っています。
両方とも花を咲かせました。

これはピーマンの花。
2009_05300006.jpg

こっちがナスの花です。
2009_05300005.jpg

初めてこんな花が咲く事を知りました。
収穫までもうすぐ!?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。