水を通してイルカ・サーフィン・WATSUと出会い、その感動を多くの人とシェアすることを目標とし、実現するまでの物語
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝6時40分、ほとんど寝ないまま羽田から飛び立ちました。
20081225132105


建物は見る見る内に小さくなり、オモチャの模型のように見えました。
それから雲を超え、一時間ちょっと、空を飛んで雲の下に戻った瞬間、
20081225132707


あたりは真っ白の雪の国になっていました。
僕は懐かしい気持ちになり、とても嬉しくなりました。
20081225132909


無事函館に着き、家族や仲間と久しぶりの再会を果たし、その夜恋人達が集う、ベイエリアへ行きました。キラキラと輝いていました。
20081225140345


今年も巨大なクリスマスツリーがあたり一面を暖かく照らしてました。

その近くのイベントホールで僕の大好きなTHA BLUE HERB のライブを見に行きました。
今日はこれに合わせて帰ってきました。
正直に、いままでで、一番心に響くライブでした。
初めて人のライブでノドが痛くなるほど涙をこらえました。

上手く言葉では言えませんが本当に多くの力をもらいました。
「行き着くところは、たどり着くところは見返りを求めずに与えることだ。むしろ受け取ってもらったこっちの方が感謝するという心の状態。君もそう思うならうれしいね。」
この言葉はとても響きました。
「同志よ恐れるな。お前の歩く道は晴れる。」
何度この言葉に根拠のない自信をもらっただろうか。
本当にありがとうございます。
おかげさまで今日も前を見て歩けてますよ。

20081225133611


まあそんなヤバイライブの後は気の知れたメンツと朝までかなリアットホームな乗りでクリスマスパーティーをやりました。
20081225133909


彼女はいなくても、今年も本当に最高に暖かいクリスマスイブを過ごす事が出来ました。
ありがとう!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/30(金) 23:24 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://islandstory2009.blog6.fc2.com/tb.php/24-78364a9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。