水を通してイルカ・サーフィン・WATSUと出会い、その感動を多くの人とシェアすることを目標とし、実現するまでの物語
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、「闇の子供たち」という、DVDを見ました。
主演は江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡。

この映画はタイの売春、エイズ、臓器売買などのストーリーで、どこまでがフィクション、ノンフィクションかはわかりませんが、とても心が痛む映画でした。

タイの売春の客として日本人が多い事は以前にニュースで見たことがあります。
需要があるから供給があり、そういった裏の出来事が成り立ちます。

ビジネスを作る人、子供を売る親、それを買う大人。
すべて「お金」の為に、子供の命が安売りさせています。
そしてそれをコントロールするのは「大人」です。

こういった事がおこる根本には根が深い貧富の差、社会問題が複雑にあるかもしれません。
知識の浅い僕が偉そうな事は言えませんが、大人が子供を傷つける権利はありません。

もし自分に子供が出来た時、自分を犠牲にしてまで守る義務が親にはあると僕は思います。
そう思う気持ちは自然とわき出るものだと思います。

子供の気持ちを考えない大人というのはきっと、自分が子供の頃に十分に愛されていなかった証拠です。

子供の心と体がお金で切り売りされているという事実は、満たされていない大人達が最悪の形で繋がった証拠です。


だからといって、僕がその事に対して何か直接アクションを起こすとか、そういうことではないですが、
そこから学んで、出来ることはあります。

大人として、人を思う気持ちだとか、生き物や、自然を思う気持ちを多くの子供たちに伝えて、
その子供たちが大人になって、自然と又子供に伝えていく、そういった小さな事をやっていこうと思います。
大人がしっかりしないとダメってことです!
子供の見本になるのが大人です!


といったことを、大人になりきれていない僕はこの映画を通して考え学びました。
多くの人にこの映画を見てもらい、それぞれに考え学んでほしいと思う、今日この頃でした~。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんな立派なことを考えるようになったんだなーなんて関心して読みました。

親というのは、ホントに大変です。
アタシは、正直言って、ちーっとも立派な親ではありません。

多分・・こんなことを言うのもおかしな話ですが、親の愛情表現をうまく理解できずに育ったせいなのかな(ー_ー)!!

結局・・こんな親嫌だ!!っていう親になっちゃいました(~o~)

優は、これから新しいスタートですね(*^_^*)

遠い遠い寒い街から応援していますよヽ(^o^)丿

アタシの先は見えませんが(笑)
ゆっくりゆったり考えていこうかななんて・・・

んまあ・・・今年四捨五入40だから、そんなゆっくり考えるのもどうかと思いますが(;一_一)

小笠原のきれいな写真楽しみにしています!!

体だけは気をつけて頑張ってね!
2009/03/24(火) 23:24 | URL | りえ #-[ 編集]
りえちゃん、メールありがとう~(^_^)v

子育てはどれだけ大変かわからないのに、なんか偉そうな事書いたかな~と、今になって思いました。隼人もこれから大変だな~!

少なくともYUはりえちゃんに育てられた感はあるよ。

マキバオーの人形も嬉しかったし、勉強も教えてくれたり。結果、頭は悪いままですが。(笑)
ちっちゃい頃の写真をみると、風呂とかもいれてくれたりもしてたっしょ。
改めてありがとねー!
小笠原に来て、毎日自炊するのも大変で、改めて生活力ないなあと感じてます。
仕事では毎日怒られてばっかだけど、海も山もマジで綺麗です。サンゴ礁やクジラやイルカも毎日見れます。

今は忙しくてパソコンを繋げないので、来月辺りから写真もアップしてくんで、楽しみにしてて~(^O^)

いつか、ヒユウ、カノ連れて遊び来てね~。絶対喜ぶよ!後ココアも!

じゃあまたー!明日も早いんで寝まーす。
2009/03/27(金) 22:18 | URL | YU #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://islandstory2009.blog6.fc2.com/tb.php/49-29785ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。