水を通してイルカ・サーフィン・WATSUと出会い、その感動を多くの人とシェアすることを目標とし、実現するまでの物語
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009_05220008.jpg

父島の人口1957人。

僕は1957分の1です。
凄く少ない人の数です。

そんな小さな島には沢山の野生の生き物が生きていて、命の大きなエネルギーで溢れています。


家を出て歩いて2分位の道路です。
2009_05220006.jpg

なんてことのない道と道路標識。
良く見てみると~、
2009_05220007.jpg

カメ注意!!
こんな標識なかなかありません。

父島ではカメが産卵の為夜に上陸するんですが、場所を間違ったカメは、ここの道路を通る事があるそうです。
産卵期はすでに始まっていて、8月いっぱいまで設置されるようです。
夜運転していて、カメがいたらビックリですね。


そうそう、庭で育てているピーマン、ナスはというと、順調に育っています。
両方とも花を咲かせました。

これはピーマンの花。
2009_05300006.jpg

こっちがナスの花です。
2009_05300005.jpg

初めてこんな花が咲く事を知りました。
収穫までもうすぐ!?


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
やっぱり・・携帯ダメだったかぁ(汗)

和ちゃん連絡取れなくて泣いちゃうんじゃないの( ̄▽ ̄)

素朴な疑問だけど・・・

真面目に機種変どうやってするの?

パソコンのアドレスわかんないからね・・・

ちょっと心配しておりまする(・。・;

ナスの花見たことないの??

富岡のばあちゃんの裏の畑にナス植えてたじゃん(^◇^)

優は、ちゃんこかったから覚えてないか(^_^;)


それにしても・・・

カメ注意は、初めてみた(笑)

これからも、写真のアップ楽しみにしてるぞー!!!!
2009/06/04(木) 22:18 | URL | りえ #-[ 編集]
島生活、いろいろと満喫されてますね!

確かに小さい島ですが、母島から内地へ引きあげる時に、はは丸からおが丸への乗り換えの為に立ち寄った父島は、さすがにその時ばかりは大都会に感じました(笑)

海亀の産卵、楽しみですね!
私も一度、飲み会の帰り道に偶然見たことがあります。(母島でですが。)
産卵している姿にももちろん感動しましたが、産んだ卵に砂をかぶせ終え、夜の海へ一人(一頭)で帰っていく母亀の姿を波打ち際で見送った時、最も強く胸を打たれました。

当たり前のことですが、「海から来て、海に戻っていくんだな~」と。
普段は別の世界に住んでいる生き物の、命がけの産卵の場面に立ち合わせてもらえたんだな~って思って。

まあ、勝手に見学させてもらっただけですけど、私達人間にも惜しみなくそんな姿を見せてくれる野生の動物達や、また私達を含めて全てを育んでくれる自然の偉大さに、改めて感謝の気持ちが湧き起こりました。

優くんもきっとこの夏は、産卵を見れる機会が(何度も)あると思いますので、寝不足に気をつけて、立ち会ってくださいねe-365e-365e-365

長くなってごめんなさいe-434
2009/06/06(土) 16:21 | URL | apple #-[ 編集]
携帯ね~、委任状ってやつ書いて母さんに送ったよ~!
変わりにAUに行って貰います。
後は母さん次第だけど、なんとかなりそうだよ。
いろいろ不便もあるけど、その反面いいとこも沢山あるからね~。
とりあえず、物は大切にだね。

なっちお婆ちゃん家の庭、たしかにいろんな野菜育ててたね!
かなりうる覚えだけど、枝豆とかトマト収穫した気がする。
2009/06/06(土) 21:42 | URL | YU #-[ 編集]
いつもコメントありがとうございます!
母島から、父島に来ると都会に見えるという声は何度か聞いた事があります。母島はどんだけなんだ~と興味が湧いてきました。
いつか、母島も行って見ますね。

小笠原では本当に生き物が力強く生きているのを肌で感じます。
いままでは頭では解っていましたが、他の生き物に生かされているんだなあと身を持って実感しています。
カメの産卵も機会があれば、是非邪魔にならないように、見学させてもらいたいですね。
2009/06/06(土) 22:00 | URL | YU #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://islandstory2009.blog6.fc2.com/tb.php/62-fdb4b84f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。